かもめのジョナサン

Self-Help by リチャード・バック
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『かもめのジョナサン』は、リチャード・バックによる小説。寓話的作品。 1970年にアメリカで出版され、最初は当時のアメリカのヒッピー文化とあいまって口コミで徐々に広がり、1972年6月以降に大ヒットし、同年後半にThe New York Times Best Seller listの1位となり、38週もの間 1位を保ちつづけた。1972年と1973年のPublishers Weekly list of bestselling novels in the United Statesでも1位。1973年には当作品を原作とする映画が制作された。1974年10月時点で、米国では『風と共に去りぬ』を抜いて1500万部のベストセラーになった。全世界で4000万部が売れているベストセラー。 日本では1974年6月20日に新潮社より五木寛之の訳で出版され、120万部のベストセラーとなり、その後も読まれ続けており、270万部を超えるロングセラー。 1970年の初版の英語タイトルは「Jonathan Livingston Seagull — a story.」。ラッセル・マンソンによるカモメの写真が随所に挿入されている。全3部構成で出版されていた。だが、もともと全4部の作品を書いていたのであり、何らかの理由により第4部を封印して世に出していたのだ、という。2012年8月、作者は小型飛行機の操縦中に墜落事故をおこし重傷を負う。その際いろいろ想う所があったらしく、2014年2月、44年前に封印していた幻の第4部を含めた「完全版」を電子書籍形式で発表することになる。日本ではこれを「かもめのジョナサン完成版」と題し、同年7月に紙の書籍で発売。出版社/第4章の訳者は従来と同じく新潮社/五木寛之。 禅の影響を受けていると指摘される作品であり、読者たちを精神世界の探究、宗教的な探究、自己啓発などへといざなった。

First Published

1970

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment