アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

Dystopia, Novel by フィリップ・K・ディック

Blurb

長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。生き残ったものの中には異星に安住の地を求めるものも多い。そのため異星での植民計画が重要視されるが、過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のステータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

映画『ブレードランナー』の原作として知られている、フィリップ・K・ディック1968年発表の傑作長編。著者は1982年、53歳で亡くなった。皮肉にもこの年に公開されたこの映画作品により、彼は一躍スターダムにのしあがることとなった。

ディックの作品には、SF小説でありながら、登場人物の人間関係、恋愛、家族のきずななどが見事に盛り込まれている。この物語も単なる賞金かせぎとアンドロイド8人のバトルで終わってはいない。人間とアンドロイドの違いを通して、人間とは何かを考えさせられる作品だ。(石井和人)

First Published

1968

Member Reviews Write your own review

mandavi

Mandavi

Angenehm dystopische Story, aber in der Tat stellenweise etwas unverständlich. Inhaltlich weicht der Film ziemlich ab, insofern hat es nicht geschadet, die Filme bereits zu kennen.

0 Responses posted in April
esther.wieringa

Esther.wieringa

Better than the movie, but still does not live upto the potential of the idea.

0 Responses posted in November
skunk

Skunk

Nette Grundidee, dann leider zu naiv und teilweise unverständlich.

0 Responses posted in July
Log in to comment