カラマーゾフの兄弟

Novel by フョードル・ドストエフスキー

Blurb

『カラマーゾフの兄弟』は、フョードル・ドストエフスキーの最後の長編小説。1879年に文芸雑誌『ロシア報知』に連載が開始され、翌1880年に単行本として出版された。『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作とされ、『白痴』、『悪霊』、『未成年』と併せ後期五大作品と呼ばれる。
複雑な4部構成の長大な作品であるが、序文によれば、続編が考えられていた。信仰や死、国家と教会、貧困、児童虐待、父子・兄弟・異性関係などさまざまなテーマを含んでおり、「思想小説」「宗教小説」「推理小説」「裁判小説」「家庭小説」「恋愛小説」としても読むことができる。
三兄弟を軸に親子・兄弟・異性など複雑な人間関係が絡む中で、父親殺しの嫌疑をかけられた子の刑事裁判について三兄弟の立場で向き合うことが本筋と目されているが、この本筋からやや離れたサイドストーリーも多く盛り込まれている。無神論者のイヴァンと修道僧のアリョーシャが神と信仰をめぐって論争した際に、イヴァンがアリョーシャに語る「大審問官」は、イヴァンのセリフ «Если Бога нет, все позволено» によって文学史的に特に有名な部分である。
この作品に題をとった映画や劇が数多く作られている。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。

First Published

1880

Member Reviews Write your own review

anoncry0

Anoncry0

While the writing style seemed dry and only -barely- held my attention, as the story grew in complexity and the character's situations more intertwined the seed of this story sprouts into an extreme philosophical perspective. I highly recommend if you can keep your attention span at bay.

0 Responses posted in December
Log in to comment