シーシュポスの神話

by アルベール・カミュ
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『シーシュポスの神話』は、アルベール・カミュの随筆。出版社によっては『シシュポスの神話』とも表記される。 理由は不明確だが、シーシュポスは神々の怒りを買ってしまい、大きな岩を山頂に押して運ぶという罰を受けた。彼は神々の言い付け通りに岩を運ぶのだが、山頂に運び終えたその瞬間に岩は転がり落ちてしまう。同じ動作を何度繰り返しても、結局は同じ結果にしかならないのだった。カミュはここで、人は皆いずれは死んで全ては水泡に帰す事を承知しているにも拘わらず、それでも生き続ける人間の姿を、そして人類全体の運命を描き出した。

First Published

1942

Member Reviews Write your own review

tikuma

Tikuma

wundervoll

0 Responses posted in May 2016
Log in to comment