スローターハウス5

Novel, Satire by カート・ヴォネガット

Blurb

『スローターハウス5』は、1969年に出版されたカート・ヴォネガットの小説。時間旅行を筋立ての道具とするとともに、ヴォネガットがその余波を目撃した第二次世界大戦でのドレスデン爆撃を出発点として、SF小説の要素と人間の条件の分析とを結びつけた作品である。ヒューゴー賞受賞。
この本が出版された時には、ドレスデン爆撃はまだ広く知られておらず、退役兵や歴史学者によって語られることもほとんどなかった。この本は、爆撃の認知度を高め、大戦中の連合国によって正当化された都市空爆の再評価へとつながった。

First Published

1969

Member Reviews Write your own review

dankirk

Dankirk

overrated

0 Responses posted in February
gringo1980

Gringo1980

I know people rant and rave over this novel, I really didnt get it. I found this novel boring.

0 Responses posted in February
()

()

This book has some of the most beautiful and memorable lines. It is at the same time both funny and heartbreaking.

0 Responses posted in December
Log in to comment