タイム・マシン

Science Fiction, Novel by ハーバート・ジョージ・ウェルズ

Blurb

『タイム・マシン』は、イギリスの小説家H・G・ウェルズにより、1895年に発表されたSF小説。、同名で2回にわたり映画化されている。操縦者の意思と選択によって時間旅行を行う乗り物であるタイムマシンを導入した初期の作品として、本作は高く評価されている。
ウェルズは本作以前にも、『時の探検家たち』と題された未出版の物語で、時間旅行の概念について考察していた。最初ウェルズはこの読物を『ペル・メル・ガゼット』紙の連載記事に用いようと考えていたが、『ニュー・レビュー』誌がこの題材を扱った連載小説を執筆するようウェルズに持ちかけ、ウェルズはその提案を快諾した。1895年には本書の出版に対し、100ポンドがウェルズに支払われた。『タイム・マシン』は1894年から1895年にかけて、『ニュー・レビュー』誌に連載読物として掲載された。
日本では1913年、『八十万年後の社会』の題名で黒岩涙香が『萬朝報』に連載した。涙香は連載の予告に、「荒唐無稽なる想像小説と同じからず、……今の世に住み、社会と文明との間に身を置く者は、何人といえども一読せざるべからず。」と紹介している。

First Published

1895

Member Reviews Write your own review

henno.ehlemam

Henno.ehlemam

Wells dystopic Vision of the final Price for Human progress is a bit naive. Still overall a good read, especially considering the year of its creation.

0 Responses posted in October
minda.whiteley.1

Minda.whiteley.1

Really makes you think

0 Responses posted in February
Log in to comment