ダントンの死

by ゲオルク・ビューヒナー
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『ダントンの死』は、1835年に執筆されたゲオルク・ビューヒナーの戯曲。第一共和制下のフランスで実権を握ったマクシミリアン・ロベスピエールによって、革命の立役者の一人であったジョルジュ・ダントンが追い詰められ、断頭台に送られるまでの1794年3月から4月までを描いている。 作者ビューヒナーは当時、扇動的な政治パンフレット『ヘッセン急使』を執筆したことで警察から嫌疑を受けており、亡命資金を得る目的で5週間の間にこの戯曲を仕上げ、新進作家であったカール・グツコーに送った。送金は亡命には間に合わなかったが、グツコーは卑猥すぎる表現など100箇所以上を訂正した上で1835年3月から4月にかけて『フェーニックス』誌に連続掲載し、同年中にザウアーレンダー書店より出版された。 作品の執筆に当たり、ビューヒナーは以下のものを資料としている。雑誌『現代』、ティエール『フランス革命史』、ミニェー『フランス革命史』。

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment