ブリキの太鼓

Novel by ギュンター・グラス
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『ブリキの太鼓』は、ドイツの作家ギュンター・グラスが1959年に発表した処女作であり長篇小説である。『猫と鼠』、『犬の年』と続く、いわゆる「ダンツィヒ三部作」の最初を飾る作品であり、第二次世界大戦後のドイツ文学における最も重要な作品の一つに数えられる。1979年にフォルカー・シュレンドルフによって映画化された。

First Published

1959

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment