ロビンソン・クルーソー

Novel, Historical fiction by ダニエル・デフォー

Blurb

ロビンソン・クルーソーは、イギリスの小説家ダニエル・デフォーの小説。主に第1作を指して『ロビンソン漂流記』などともいう。
まず1719年に『ロビンソン・クルーソーの生涯と奇しくも驚くべき冒険』として刊行された。ロビンソンの誕生からはじまり、船乗りになり、無人島に漂着し、独力で生活を築いてゆく。この無人島には時々近隣の島の住民が上陸しており、捕虜の処刑及び食人が行なわれていた。ロビンソンはその捕虜の一人を助け出し、フライデーと名づけて従僕にする。28年間を過ごした後、帰国するまでが描かれている。
この小説が好評だったので、さっそく続編『ロビンソン・クルーソーのさらなる冒険』が刊行された。ロビンソンは再び航海に出て、以前暮らした無人島やインド・中国などを訪れる。さらに1720年にロビンソンの第3部『真面目な省察』が刊行された。

First Published

1719

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment