We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『人形の家』は、1879年にヘンリック・イプセンによって書かれた戯曲。同年、デンマーク王立劇場で上演された。弁護士ヘルメルの妻ノラを主人公とし、新たな時代の女性の姿を世に示した物語。全3幕。 世界的にイプセンの代表作とされている。この作品をもってイプセンの社会劇の始まりと見なすのが一般的であり、彼はこの後ほぼ2年に1作のペースで作品を書き上げることになる。しばしばフェミニズム運動の勃興とともに語られる作品であり、この作品の成功がイプセンを一躍世界的な劇作家とした。

First Published

1879

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment