嵐が丘

Novel, Gothic fiction by エミリー・ブロンテ, Christine Cameau

Blurb

『嵐が丘』は、エミリー・ブロンテの唯一の長編小説。1847年に男性名エリス・ベルの筆名で発表。
イギリスのヨークシャーの荒野に立つ荒れ果てた館「嵐が丘」を舞台に、復讐に燃えるヒースクリフの愛を描いた作品。発表当時は不評であったが、20世紀に入ってから評価が高まった。

First Published

1847

Member Reviews Write your own review

walter.kailey

Walter.kailey

This is my favorite book to sit and read by the fire on a rainy day in late autumn.

0 Responses posted in November
forbici

Forbici

Óitmo

0 Responses posted in September
bliblabloblobb

Bliblabloblobb

Absolutes Lieblingsbuch mit wunderschönen Textstellen.

0 Responses posted in April
Log in to comment