日はまた昇る

Novel by アーネスト・ヘミングウェイ

Blurb

『日はまた昇る』は、アメリカ合衆国の小説家アーネスト・ヘミングウェイが1926年に発表した長編小説。
1926年に発表された。ヘミングウェイにとって初の長編であり、出世作でもある。ヘミングウェイの自伝を書いたジェフリー・メイヤーズは、この作品が「ヘミングウェイ最高の作品と認識されている」と書いている。ヘミングウェイの研究者であるリンダ・ワグナー・マーティンは、この作品はヘミングウェイのもっとも重要な作品であるとしている。日本語訳は多くあるが、現行は新潮文庫の高見浩訳と、集英社文庫の佐伯彰一訳である。この小説の題名である「日はまた昇る」とは復活をかけるという意味ではなく、変わらぬ生活に対するやるせなさを表している。

First Published

1926

Member Reviews Write your own review

vincent.camero

Vincent.camero

I really enjoyed reading your book. I read enthusiastically and understood the story. If you have some great stories like this one, you can publish it on Novel star, just submit your story to [email protected] or [email protected]

0 Responses posted 12 hours ago
cariza

Cariza

Kudos to the writer of this book. You did an amazing job. Why don't you try to publish your book in NovelStar? A lot of readers will love your work, judging from the book I just read.

0 Responses posted 3 days ago
Log in to comment