海流のなかの島々

Novel by アーネスト・ヘミングウェイ
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『海流のなかの島々』は、アメリカ合衆国の小説家、アーネスト・ヘミングウェイの長編小説。著者の死後、1970年に遺作として出版された。 この作品は1950年から1951年にかけて執筆され、1950年に出版された『河を渡って木立の中へ』によるヘミングウェイに対する酷評を覆すものになるはずであったが、生前に出版されることはなかった。一見して完結しているこの小説はヘミングウェイの死後、妻であったマリー・ヘミングウェイによって発見され出版されることになった。 この小説を構成する3つのパートには元々"The Sea When Young"、"The Sea When Absent"、"The Sea in Being"という副題が付けられていたが、それらは変遷の後、現在のように"Bimini"、"Cuba"、"At Sea"として付けられた。そして4つ目のパートとしてヘミングウェイが書いた部分は後に"The Old Man and the Sea"として1952年に出版された。

First Published

1970

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment