若き芸術家の肖像

Novel by ジェイムズ・ジョイス

Blurb

『若き芸術家の肖像』は、アイルランド・ダブリン出身で、20世紀を代表する小説家ジェイムズ・ジョイスの初期作品。1916年初版。
主人公スティーヴン・ディーダラスは、ジョイス自身がモデルとされ、代表作『ユリシーズ』の主人公の一人でもある。
ディーダラスは、ギリシャ神話のダイダロスと、太陽の近くまで飛んで墜落したその息子であるイカロスの説話をふまえている。
カトリックの信仰をすてて文学を志すディーダラスの、幼年時代から青春時代にいたるまでを描くもので、教養小説的な要素や自伝小説的要素もある。 その文体は、童話、教科書、礼拝、説教、美学論、日記などさまざまである。

First Published

1916

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment