長いお別れ

Novel, Hardboiled by レイモンド・チャンドラー

Blurb

『長いお別れ』は、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説。1953年に刊行された、私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とする長編シリーズの第6作目。
『大いなる眠り』や『さらば愛しき女よ』と並ぶチャンドラーの長編である。感傷的でクールな独特の文体、台詞、世界観に魅了されるファンは今でも多い。チャンドラーのハードボイルド小説は、長編短編問わず、ほとんどが探偵の一人称による語りだが、特に本作以降ハードボイルド小説というものはこの形式が模倣を超えて定番化したとさえ言え、この形式をとるハードボイルド小説の人気ははいまだ衰えていない。「ギムレットには早すぎる」や「さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ」、「警官とさよならを言う方法はまだ発明されていない。」などのセリフで知られる。
1973年にロバート・アルトマン監督により映画化され、2014年に日本で『ロング・グッドバイ』のタイトルでテレビドラマ化された。

First Published

1953

Member Reviews Write your own review

KlauDa

Klauda

Alle Romane von Chandler sind lesenswert. Sie sind das Kondensat von jahrelanger Brotschreiberei für das Magazin The Mask.

0 Responses posted in December
Log in to comment