魔の山

Novel, Bildungsroman by トーマス・マン
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『魔の山』は、1924年に出版されたトーマス・マンによる長編小説。ドイツ教養小説の伝統に則ったマンの代表作の一つである。 作品はハンス・カストルプ青年が、第一次世界大戦前にスイスのアルプス山脈にあるダボスのサナトリウムに従兄弟を訪れることから始まる。そこで彼は結核にかかっていることがわかったため、その後7年にわたってそこに滞在することになる。その7年の滞在期間中に、彼は大戦前のヨーロッパの縮図を構成しているような様々な人物から学び成長していく。 マンは1912年に、肺病を病んでいた夫人カタリーナを見舞うためにダボスのサナトリウムに訪れており、その際に作品の着想を得ている。当初は短編となる予定であったが、その後構想が膨らみ、執筆に12年をかけた長編小説となった。

First Published

1924

Member Reviews Write your own review

joselu

Joselu

Quizá no es apto para todos los paladares, pero su lectura fue para mi como asistir a la construcción de una catedral, un verdadero monumento literario. Eso sí, se necesita estar muy concentrado para disfrutarlo.

0 Responses posted in January
wfriese

Wfriese

I am not really certain why, but this is one of my top favorite books of all time.

0 Responses posted in January
Log in to comment