ねじれた家

crime fiction, Novel by アガサ・クリスティ
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

「ねじれた家」は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティの推理小説。1949年に発表された。 原題 "Crooked House" は、作品中に引用されているマザー・グースの童謡 "There was a crooked man"の最終節の歌詞 "in a little crooked house" に由来する。 本作は、『無実はさいなむ』とともにクリスティが自ら最高傑作と語った作品である。

First Published

1949

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment