大聖堂

Novel, Historical fiction by ケン・フォレット
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『大聖堂』は、ケン・フォレットによる歴史小説。1989年に発表され、日本では1991年に新潮文庫から矢野浩三郎訳により出版された。2005年にはソフトバンク文庫により再版されている。 12世紀中葉の史実を背景として、キングズブリッジという架空の町に建築される大聖堂を中心として展開される群像劇。ホワイトシップの遭難から始まる無政府時代からカンタベリー大司教トマス・ベケットの暗殺という半世紀の間が描かれている。 ロマネスク建築からゴシック建築へ移り変わる技術的な歴史も背景としている。キングズブリッジは実際のイングランドの町から名前をとっているが、作中のキングズブリッジは筆者の創作によるものである。 ケン・フォレットはこの小説以前はスリラー小説のジャンルで活躍していたが、大聖堂は全世界で2,000万部を売り上げ、代表作となった。 続編の『大聖堂-果てしなき世界』が2007年10月に発売された。日本では2009年にソフトバンク文庫から戸田裕之訳により出版されているが、内容的には直接の続編ではない。 2010年に本作のテレビドラマが制作され、日本では2011年に放映されている。

First Published

1989

Member Reviews Write your own review

elberethvarda

Elberethvarda

This book gave me lots of emotions and I felt very connected to all the characters. I enjoyed being able to see the mentality of everyone, from heroes to villains as they see themselves. I didn't know what to expect from this book, but I couldn't put it down. A very enjoyable read!

0 Responses posted in May
Mareleon

Mareleon

schön lang

0 Responses posted in January
AldaSilva

Aldasilva

great book

0 Responses posted in January
otis

Otis

Great book

0 Responses posted in January
Log in to comment