若きウェルテルの悩み

Novel, Epistolary novel by ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『若きウェルテルの悩み』は、1774年に刊行されたヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテによる書簡体小説。青年ウェルテルが婚約者のいる身である女性シャルロッテに恋をし、叶わぬ思いに絶望して自殺するまでを描いている。出版当時ヨーロッパ中でベストセラーとなり、ウェルテルを真似て自殺者が急増するなどの社会現象を巻き起こした。現在も世界中で広く読まれている。 なおドイツ語の原題は、1774年の初版では "Die Leiden des jungen Werthers" であったが、1787年の改訂版では "Die Leiden des jungen Werther" となっており、現在でも両方の表記が見られる。 紹介・訳出されたのが明治時代であり舞台発音に準拠し「ウェルテル」と表記される。実際に話されているドイツ語による発音は「ヴェルター」「ヴェアター」がより近い。

First Published

1774

Member Reviews Write your own review

KlauDa

Klauda

Misfritz.com informiert Die Schönheit des Textes ergibt sich aus drei entscheidenden Komponenten, die knappe Fassung ohne Seitenerzählungen, die elegante Sprachmächtigkeit des Autors, die Originalität der Geschichte, ein Klassiker.

0 Responses posted in December
Log in to comment