蝿の王

Novel, Young-adult fiction by ウィリアム・ゴールディング
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『蠅の王』は、1954年出版のウィリアム・ゴールディングの小説。題名の「蠅の王」とは、聖書に登場する悪魔であるベルゼブブを指しており、作品中では蠅が群がる豚の生首を「蠅の王」と形容している。また、生首が豚であるのは、七つの大罪のうちのベルゼブブが司る『暴食』を象徴する動物が、豚であるからと思われる。 1963年にはピーター・ブルック監督、1990年にはハリー・フック監督で映画化された。

First Published

1954

Member Reviews Write your own review

MathiasVerrier

Mathiasverrier

Brilliant story but the ending left me a bit dry.

0 Responses posted in November 2016
erin.winfrey

Erin.winfrey

Spellbinding and thoroughly terrifying. Young humans, left to their own devices and without social conventions, will be led to thoughts and behaviors they had never imagined.

0 Responses posted in June 2016
Thiago1979

Thiago1979

extraordinário

0 Responses posted in January 2015
Log in to comment