ナナ

Novel by Emile Zola
We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『ナナ』は、フランスの文豪エミール・ゾラが1879年に書いた自然主義の小説で、彼の代表作である。ルーゴン・マッカール叢書第9巻。『居酒屋』の続編で日本では最も訳書が多く読まれた。
ゾラはかねてからフランス第二帝政を書くにあたって高級娼婦を考えていて、綿密に取材をして構成を練った。そして他の作品同様、『ル・ヴォルテール』紙に連載された。賛否両論の評判だったが、単行本は5万部と当時としてはベストセラーになった。

First Published

1880

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment