We can tell you if you would like this book! Take the tour to see how it works!

Blurb

『感情教育』は、ギュスターヴ・フローベールの長編小説。二月革命前後のパリを舞台に、法科学生フレデリックの青春を、ことに貞淑なアルヌー夫人への恋を主題として描いている。フロベールの作品の中では例外的に自伝的な要素の濃い作品である。
1864年から1869年にかけて執筆され、同年に刊行。『ボヴァリー夫人』『サランボー』に続く3作目の長編小説であるが、フロベールの自信に反し世評は芳しくなかった。

First Published

1869

Member Reviews Write your own review

KlauDa

Klauda

Für mich sein wichtigster Roman. Flaubert ist Vorbild für die moderne Literatur, kein Wort zuviel, kein Gelaber, er nimmt den Leser ernst, anerkennt seine Intelligenz, ganz anders als der langweilende Oberlehrer Thomas Mann.

0 Responses posted in December
Log in to comment