審判

Novel, Absurdist fiction by フランツ・カフカ

Blurb

『審判』は、フランツ・カフカの長編小説。1914年-1915年執筆。理由の分からないまま裁判を起こされた男ヨーゼフ・Kが、様々な立ち回りもむなしく無残に処刑されるまでを描いている。生前は発表されず、死後1927年にマックス・ブロートによって編集・公刊された。結末部分が書かれているものの、途中の章は断片に留まっており全体としては未完の作品である。
原題のDer Process は「訴訟」「経緯」の意。

First Published

1925

Member Reviews Write your own review

lilly.l

Lilly.l

Über keines der bisher von mir gelesenen Bücher habe ich mir so viele Gedanken gemacht wie über dieses. Mein erster Kafka und ich bin begeistert.

0 Responses posted in September
dankirk

Dankirk

Didnt enjoy this as much as I hoped. It wasnt bad, just never fully captivated me.

1 Response posted in September
Log in to comment