銀河ヒッチハイク・ガイド

Science Fiction by ダグラス・アダムズ

Blurb

『銀河ヒッチハイク・ガイド』は、イギリスの脚本家ダグラス・アダムスが書いたスラップスティックSFシリーズ。また、その第1作のタイトルであり、作中に出てくる架空の電子本の名前でもある。
大森望の言葉を借りれば「バカSFの歴史に燦然と光り輝く超弩級の大傑作」。ブリティッシュ・ジョークを満載したこのシリーズは、大元のラジオドラマがスタートした当初から人気があり、小説版はベストセラーになり、35か国語に翻訳されて、全世界で約1,600万部が売れたとされ、いまなおカルト的な人気を誇る。
1978年にイギリス・BBCのラジオ4が放送したラジオドラマからスタートし、その後これを基に小説版、テレビ版、ゲーム版、DCコミック版、舞台版が作られ、2005年にはついに映画化された。略称はHHG、HHGG、 H2G2など。
ドラマ脚本、小説、映画版脚本ともダグラス・アダムスによって執筆された。
以下のストーリー中に出てくるセリフは説明のために便宜的に作ったものであり、原作のセリフのままではない。また、ストーリーは小説版によっている。

First Published

1979

Member Reviews Write your own review

mathilde.barret

Mathilde.barret

Je ne suis pas sensible à l'humour de Douglas Adams. Humour de l'absurde.

0 Responses posted in November
motor

Motor

Sollte man gelesen haben.

0 Responses posted in September
adam.cook

Adam.cook

Who doesn't love Douglas Adams and his wonderful stories.

0 Responses posted in November
Log in to comment