巨匠とマルガリータ

Novel, Satire by ミハイル・ブルガーコフ

Blurb

『巨匠とマルガリータ』は、ミハイル・ブルガーコフが1929年から1940年にかけて執筆した長編小説で、ソ連当局によって体制批判として受け止められて生前出版が叶わず、出版されたのはブルガーコフの死後26年も経った1966年だった。それも全体の12%が変更や削除されたものだった。近年、ロシアでは舞台化やテレビ・ドラマ化もなされてその人気は再浮上している。「原稿は決して燃えない」という名台詞で有名。

First Published

1967

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment