Blurb

『眩暈』は、作家・思想家エリアス・カネッティの小説。書物に人生を捧げる中年学者が、無知な女性との結婚を機に研究生活を侵されていく様をグロテスクに描いている。作者が26歳の時に書かれた処女小説であり、執筆から数年を経た1935年にオーストリアの書店から刊行、1948年に再刊されたが黙殺され、研究書『群集と権力』が成功した後の1963年にハンザー版が出てから評価を受けた。以来20世紀ドイツ語文学の代表作の一つとされている。

First Published

1935

Member Reviews Write your own review

Be the first person to review

Log in to comment